ブライダルシェービングとは?種類と効果・受けるのに最適な時期について

ブライダルシェービングとは?種類と効果・受けるのに最適な時期について

このページでは、ブライダルシェービングについて解説しています。

 

 

ブライダルシェービングとは?

これまでにエステサロンに通ったことのある方の中でも、シェービングをやられたことのある方は実はそれほどいらっしゃらないのではないでしょうか?
エステサロンでシェービングというのは、必ずしも必須のメニューというわけではないため、ブライダルエステで初めて経験するといった方も多いと思います。
(エステ自体が初めての方であれば、なおさら初めての方が多いでしょうね。)

 

通常のエステでは、シェービングはそれほどメジャーなメニューでないにも関わらず、ブライダルエステにおいては、ブライダルシェービングをほとんどの方が行うのはなぜなのでしょう?

 

それにはいくつかの理由があります。
1つは通常のエステは美しさを長くキープするために行われるのに対し、ブライダルエステは結婚式当日をゴールとし、その日に一番美しくなるように行うものだからです。

 

結婚式、披露宴と、新婦はプロのカメラマンはもちろん、参列された招待客の方に何十、何百枚の写真を撮られます。
その際に、シェービングをしておくのとしないのでは、美しさが大きく変わってくるのです。

 

詳しくは後述しますが、ブライダルシェービングはまさにこの日に最高の美しさを実現するために必須の施術と言ってもいい程のものなのです。

 

また、通常のシェービングとブライダルシェービングのやり方にも違いがあります。
通常のシェービングだと電動シェーバーを使う事が多いのに対して、ブライダルシェービングはプロ仕様の本格的なカミソリを使います。
この電動シェーバーでの施術と、カミソリでの施術の違いが、仕上がりに大きな違いを生み出します。
(電動シェーバーを使ったシェービングの事を「ソフトシェービング」、カミソリを使ったシェービングの事を「本格シェービング」と言います。)

 

それでは、今回はこのブライダルシェービングの種類と効果、そして受けるのに最適な時期についてご紹介します。

 

シェービングの種類とそれぞれの効果について

ブライダルシェービングを行う一番の目的は、ブライダルエステを受ける目的と同様に、ウェディングドレス姿を美しくするためです。
そのため、ドレスを着用した際に露出する部分のシェービングを行います。
つまり、ブライダルシェービングを行う場所は、ウェディングドレスを着用した際に一般的に露出する背中、首、うなじ、腕、デコルテ、そして顔となります。
(露出する部分は、衣装のデザインなどによっても変わってきますので、剃る部分も変わってくる場合もあります。)
そのほか、眉カットまでを行ってくれるブライダルエステもあります。

 

ブライダルシェービングは、冒頭でも言及したように、基本的にはカミソリでの施術となります。
電動シェーバーでの施術とカミソリでの施術の一番の違いは、その効果で、電動シェーバーで施術するよりも、カミソリで施術した方が、化粧のりやお肌のトーン、透明感が格段にアップします。

 

カミソリでないと、目に付かないような細かい産毛までしっかりとは処理しきれません。
産毛をしっかりと処理することで、今まで素肌に密着しきれずに微妙に浮いてしまっていたファンデーションもしっかりと密着して、自然で美しいメイクを実現します。
また、表皮の古くなった角質も同時に除去できるので、これによって、お肌に透明感が生まれる、美容成分が浸透しやすくなる、などといった効果もあります。

 

さらに、肌全体がワントーン明るく見えるようになるといった効果もあります。

 

その結果、写真写りも格段に良くなるのです。
結婚式や結婚披露宴に向けて、ブライダルエステなどの美容ケアを受ける主な理由の一つに、綺麗な記念写真を残したいというものがありますので、そういった意味でもブライダルシェービングは、花嫁には欠かせない施術だと言えるのではないでしょうか。

 

このように言うと、カミソリを使ったシェービングの方が優れていて、電動シェーバーを使ったシェービングには何もメリットが無いように思われるかもしれません。
ただ、カミソリを使ったシェービングにはデメリットもあります。
(反対に言えば、電動シェーバーを使ったシェービングにもメリットがあります。)

 

カミソリを使ったシェービングは、お肌に直接刃物を当てて剃っていくため、お肌が弱い人は受けられないという事です。
逆に言えば、電動シェーバーを使ったシェービングは、お肌が弱い人でも受けられます。

 

また、カミソリでの施術後には、皮膚の古い角質が取り除かれて、お肌が非常に敏感な状態になり、お肌の状態が落ち着くまでに数日必要になります。
そのため、カミソリでのシェービングは、挙式ギリギリの時期(例えば結婚式の前日など)には受けるのはリスクが高いので、基本的には受けられません。
一方で、電動シェーバーでのシェービングであれば、式の前日であっても、基本的には受けられます。

 

お肌や日程に問題が無いのであれば、より効果が高いカミソリを使ったシェービングの方がおすすめではありますが、電動シェーバーを使うシェービングには、カミソリでの施術が受けられない場合でも受けられるという大きな長所があるのです。

 

シェービングの施術を受けるのに最適な時期はいつ?

次にブライダルシェービングを受けるのに最適な時期についてですが、カミソリと電動シェーバーでは異なります。

 

まず、カミソリを使ったブライダルシェービングの場合には、一般的には結婚式の3〜7日前が最適だと言われています。
肌質などには個人差があって、すべての人にとって何日前がベスト、といった事は言えないため、このように幅があります。

 

カミソリでの施術は電動シェーバーよりも肌にかかる負担が大きく、お肌の状態が回復するまでに時間がかかります。
特に肌質が弱い方の場合には長めに日をあけて、できれば5〜7日前ぐらいに受けるのがよいでしょう。

 

なぜ、結婚式前日や2日前はおすすめしないかというと、式の当日までにお肌の赤みや肌トラブルが回復しないリスクが高いからです。
(また、シェービングの直後は、皮脂の分泌が通常よりも多くなり、化粧のノリも悪くなるという理由もあります。)

 

お肌の状態が落ち着いてきて、ベストの状態になるのが、3〜7日前ということで、カミソリによるブライダルシェービングを受ける場合にはこの範囲に受けられるように、日程を調整する事をおすすめします。

 

この時、日を空けすぎると、毛が生えてくるのでは?という疑問もあるでしょう。
カミソリによるシェービングは、深剃りができて、しっかりと産毛を処理する事ができますので、そんなにすぐに毛が生えてくる事はありません。

 

施術後のお肌の状態と、産毛の状態とを勘案して、挙式の3〜7日前が最適という事なのです。

 

そして、電動シェーバーによるブライダルシェービングの場合には、式の前日、前々日が最適だと言われています。
こちらも、お肌と産毛とを勘案した上での結論です。

 

電動シェーバーでは、浅くしか剃れないため、比較的、毛がすぐに伸びてくることになります。
浅くしか剃れない代わりに、お肌への負担は軽いですので、挙式の1日前、2日前に受けても問題無いのです。

 

ブライダルシェービングの注意点について

最後に、ブライダルシェービングを受ける際の注意点についてご説明します。
何度かご説明したように、ブライダルシェービングは基本的にカミソリで行います。

 

そのため、敏感肌や乾燥肌の方、肌荒れがひどい方など、お肌が弱い方は、1ヶ月以上前に試し剃りを受けておく事が望ましいです。
(もちろん、特にお肌が弱くない方であっても、試し剃りを受けておくことが望ましいです。)

 

結婚式の直前にカミソリシェービングを受けて、ひどい肌トラブルが起きてしまえば、どうしようもありません。
ですが、試し剃りの段階であれば、スタッフの方と相談をして、電動シェーバーに切り替えるなどの対応ができるからです。

 

このように、トラブルのリスクを軽減するためだけでなく、シェービングを行うベストのタイミングを判断する上でも、試し剃りは役に立ちます。

 

肌の具合、調子は体調によっても大きく左右されます。
結婚式前は準備などで慌しい日々が続きますが、できる限り睡眠や休息を取り、シェービングの日に備えるようにしてください。
また、特に冬場など乾燥している時期は、保湿をしっかりと行うようにしてください。

 

日程の都合でどうしても前日、前々日にしか時間が取れない場合には、スタッフの方に相談してみてください。
カミソリでの剃り方を変えたり、電動シェーバーで対応してくれたりといった対応をしてくれる場合もあります。
ですので、必ず相談をして、一番美しい姿で結婚式を迎えましょう。

 

ブライダルエステ人気のお試しランキング